MENU

こんにちは(*^-^*)

 

 

 

今日はポカポカ陽気で眠気の襲い方が半端なかったです(笑)

 

 

 

◇今回の質問はコチラです↓

 

【20代前半、両サイドの頬骨辺りに小さなシミ…】

 

顔にできてしまったシミについて。

 

私は20代前半の女です。
私には両サイドの頬骨辺りに小さなシミがあります。
半年前くらいにできて、以来はずっと気にしており、この年齢でシミを作ってしまった事にショックを受けています…
周りには私より年上でも肌がピチピチしているのに…
と、気づけば人の肌ばかり見てしまっております。

 

 

 

いろんな原因があると思いますが、恐らくはケアができていなかったツケが現れたのだと思います。

 

・食生活が悪い(野菜をほとんど取らない、昼はコンビニが主に、甘いものばかり好む)
・生活リズムが悪い(仕事柄、寝るのが2時過ぎなどがよくあります)
・スキンケアが欠けていた(最近は化粧水と乳液を使用してますが、1年前くらいまでは放置でした)
・夏に顔に日焼け止めをしなかった。

 

 

 

などの理由かと思いますが、改善する点やどうすればシミを目立たなくできますか?
できる事なら消したいです…
でも、手術などはやりたくありません。
どなたかアドバイスをください。恥ずかしくて情けなくて気分まで衰えたようになります…

 

 

長文失礼しました。

 

 

 

 

◇私からのアドバイス↓

 

 

シミは悩みますよね…

 

 

まず大切な事は自分のシミタイプを知り、シミタイプに合わせた正しいケア方法を抑える事です☆

 

 

シミの種類の中で最もポピュラーな種類で、紫外線によるメラニンの活性が原因で起こるシミです。
これを、老人性色素斑(日焼け記憶じみ)と言います
骨格の高い位置(頬など)にできやすい特徴があるのでこちらの種類だと思います。

 

 

良かった事は予防の重要性ですが、20代で老人性色素斑に気づければケアする余地はあります☆

 

対処方でオススメなのが美白化粧品なのですが、一般的に美白化粧品は刺激が強いものが多いです。
20代のシミに悩む方は肌が繊細な傾向にあるので、敏感肌でも使用できる優しい処方になっているものを選択して下さい。

 

 

良く医薬部外品と書かれている物を見ると思いますが、厚生労働省が指定した「医薬品ではないが医薬品に順ずるもの」です。
医薬品のように効果が認められたものではないが、「働きが期待できるもの」と考えてください。
効き目が大きい、と言えるものではありませんが、一定の基準をクリアした成分が配合されています。
この基準クリア成分が"美白有効成分"のもを選んで下さい。

 

 

美白ケアには保湿も重要になります。
潤いのない肌は何をしても理想肌に近づけるのが難しいからです。
そこで配合されていることの多いのがヒアルロン酸やコラーゲンです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は元々人間に存在する保湿成分で、肌にとって重要な役割を担っていますが、化粧品として配合オススメします。
セラミドには動物性、植物性、合成のもがあるのですが、保湿力が最も高いのは人型セラミドです。
人間の肌保湿の80%以上はセラミド(細胞間脂質)が行っているほど保湿力の高いものですが、この人間に元々あるセラミドの構造にもっとも近いのが人型セラミドなのです。

 

 

美白化粧品で一番オススメなのがサエルです。
こちらの商品は美白効果、保湿力、肌への優しさを考慮しているケア用品といえます。
サエルにはビタミンC誘導体・アルブチンが配合されていて、この2つは厚生労働省認可の美白有効成分です。

 

 

そしてもう一つはハイチオールCもオススメですよ☆
シミの原因である黒色メラニン(ユウメラニン)をドーパキノンという物質に還元し(戻すこと)、シミの原因にならない黄色メラニン(フェオメラニン)の生成を促進します。
表皮は約28日間かけて徐々に生まれ変わるのですが(肌のターンオーバーと呼びます)、ハイチオールCのL-システインは、このターンオーバーを促進させて徐々にメラニンが皮膚の外部へと押し出されて最後は不要な角層とともに剥がれ落ちることを促進します。

 

 

 

長くなってしまいましたが、少しでも参考にして頂ければ幸いです(*^-^*)

関連ページ

頬や鼻の毛穴汚れや赤ら顔が治らなくて本当に困っています。
頬や鼻の毛穴汚れや赤ら顔が治らないというご相談に回答しました!
肌の艶とテカリの違いについて
肌の艶とテカリの違いについて詳しく回答させて頂きました☆